更新日:2018/05/22

メンテナンスフリーの外壁材ってあるの? 外壁のリフォーム費用を抑えるために知っておきたいこと

時々CMや広告で見かける「メンテナンスフリーの外壁材」。とても魅力的なフレーズですが、本当にメンテナンスは不要なのでしょうか? 外壁リフォーム費用を抑えるための工夫と知識をご紹介します。

メンテナンスフリーは難しいけれど、耐用年数は長くできる

数十年と暮らしていくマイホームは、その長い年月雨や風にさらされ続けます。ゴミや花粉が付着したり、夏の強い日差しに照らされたり、外壁は過酷な環境から住宅を守る役割を担っています。

残念ながら、現時点ではメンテナンス不要の外壁材はありません。屋外に長期間さらされる外壁の劣化は避けられないことです。

しかし、外壁のメンテナンス時期を延ばしてメンテナンスフリーに近づけることは可能になってきています。

耐久性の高い外壁材を選ぶ

外壁リフォームの頻度を減らせれば、リフォームにかかるトータルコストを抑えることができます。そのためには、耐用年数の長い外壁材を選ぶことが大切です。

タイル

タイルは土や石を原料とし、高温で焼き固めたものです。傷がつきにくく、日差しにも強く、劣化しにくい素材です。また、吸水性が低いので雨からも建物を守ってくれます。外壁材の中でも耐久性の高い素材といえるでしょう。

初期費用が高いというデメリットがありますが、タイル自体はメンテンナスがほとんど不要で、基本的には外壁洗浄と目地(コーキング)のメンテナンスで済みます。

外壁のメンテナンスというと、100万円以上の費用がかかりますが、タイルのメンテナンス費用は30~50万円程が相場となっています。コーキングの状態にもよりますが、10年に一度程度メンテナンスが必要になるケースが多いでしょう。

窯業系サイディング

近年多く使われるようになった外壁材がサイディングです。板状の外壁材を貼り付けたもので、セメントやスチールなど様々な素材のサイディングがあります。最も多く使われているのが窯業(ようぎょう)系サイディングです。

窯業系サイディングは、セメントと繊維質を原料としています。デザインが豊富でコストパフォーマンスも良いことから、日本の住宅外壁で70~80%を占めるようになりました。耐久性が高く、耐火性にも優れている外壁材です。

タイルとは異なり、窯業系サイディングは吸水性があることがデメリットです。サイディング表面の塗膜が劣化すると、防水性能も失われます。サイディングボード内に水分が浸透すると、反りやひび割れが起こりやすい状態になってしまいます。

窯業系サイディングを長持ちさせるためには、耐候性の高い塗料を定期的に施すことが大切です。コーキングの補修と合わせて10年を目安にメンテナンスすることで、窯業系サイディング自体は30~40年持つといわれています。メンテナンス費用は70~120万円が相場となっており、タイルよりも費用がかかります。

長持ちのポイントはコーキング

外壁材は耐用年数の長い商品も出てきていますが、メンテナンスがどうしても必要になるのがコーキングです。耐久性の高いコーキング材を使えば、メンテナンスの頻度を減らすことができるでしょう。

コーキングには、地震など住宅にエネルギーが加わったときに、力を逃がしてひび割れを防ぐ役割があります。コーキング材は劣化してくると硬くなり、その機能を発揮できません。柔らかい状態をキープできる超高耐久のコーキング材も販売されているので、施工業者と相談して選定すると良いでしょう。

また、タイルにはタイル目地の防水層を形成する「吸水防止材」の塗布がおすすめです。雨水の侵入を防ぐとともに、通気性があるので水分を放出することができます。目地の防水ができれば、タイルはメンテナンスフリーに近い外壁材になるでしょう。

まとめ

モルタルなどの塗装壁に比べると、長持ちするタイルやサイディングですが、ネックとなるのがコーキングの劣化です。外壁材だけではなくコーキング材選びにも注意して、メンテナンスフリーを目指していきたいですね。


関連する質問


オススメの記事

2018年12月15日

トイレをリフォームするならタンクレスがいい? 知っておきたいトイレ選びのポイント

従来のタンク式トイレは掃除しにくく、見た目も何だか古くさい。タンクレストイレなら掃除もラクだし、何と言ってもオシャレでスタイリッシュ!リフォームするならタンクレスで決まり!……と安易に決めてしまうと...

2018年09月03日

外壁のクラックとは? モルタル壁を選ぶなら知っておきたいクラックの種類と補修方法

クラックとは、住宅の外壁に入ったひび割れのことをいいます。美観を損なうという問題もありますが、その状態によっては、住宅の寿命を縮めてしまうことも。外壁のクラックの種類や補修方法についてご紹介いたし...

2018年06月13日

物件探しの選択肢が広がる? スケルトンリフォームってどんなもの?

「スケルトン」とは、住宅の構造体や骨組みのことを意味します。柱や梁、基礎といった家の骨格だけを残して、他の内装や設備を全て解体し、住宅を再生する方法を「スケルトンリフォーム」といいます。「全面リフ...

2018年05月12日

階段リフォームのポイント

戸建てのリフォームを検討する際に、今まで急な勾配で危ないと思っていた階段をリフォームしたいと考えている人も多いのではないでしょうか
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加