更新日:2018/09/10

自由設計でこだわりのお風呂をつくりたい! 浴室を在来工法でつくるメリットとデメリット

「せっかく家を建てるのに、お風呂がユニットバスなのは味気ない……」最近はユニットバスもデザインやカラーが豊富なので、きっと気に入るものもあるでしょう。しかし、ユニットバスは、床材をタイルにしたり、檜風呂にしたりすることはできません。そういったこだわりを実現できるのが在来工法の浴室です。

浴室を在来工法でつくるメリット

ユニットバスにはない自由度の高さが、在来工法の浴室のメリットです。どんなことが可能になるのか見ていきましょう。

空間に合わせた施工が可能

例えば、浴室が勾配天井になっていたり、長方形以外の形状(台形など)になっていたりしても、在来工法なら空間に合わせた浴室の施工が可能です。
ユニットバスは箱型に成型されたものですから、ユニットを設置できるスペースを確保することが優先になります。

狭小住宅の場合は、ユニットに合わせて浴室をつくるよりも、空間に合わせて浴室を施工する方が合理的かもしれませんね。

自然素材を取り入れられる

ユニットバスの材質は、FRPと呼ばれる繊維強化プラスチックです。どこか無機質な感じがしてしまうのは、プラスチックという素材のせいかもしれません。

在来工法の浴室は、防水処理をした上で、木材・タイル・大理石など様々な自然素材を使うことができます。
自然素材のお風呂の代表ともいえる檜風呂は、肌ざわりも木の香りも優しく、毎日旅館のお風呂に入っているような贅沢さを感じられます。
また、大理石やタイルを取り入れると、高級感のある浴室に仕上がるでしょう

窓の大きさを決められる

ユニットバスの窓は、規格が決まっているので選択肢が多くありません。
一方、在来工法の浴室は、窓の大きさや位置をある程度自由に決めることができます。出入り口と別にドアを設けて、中庭やウッドデッキに出られるように設計することもできるでしょう。開放的な浴室を望まれる方にはメリットになりますね

海外ホテルのようなデザインも可能

脚付きのバスタブに、タイルの床、ガラス張りのシャワーブースを設置して……。
まるで、海外ホテルのようなプランニングですが、在来工法の浴室であれば実現することができます。

トイレや洗面台も設置して、サニタリー&バスルームにするプランも。ある程度の広さと予算が必要になりますが、アイディアとセンス次第でバスルームデザインの幅が広がるでしょう。

浴室を在来工法でつくるデメリット

自由設計である分、在来工法の浴室にはデメリットも多くあります。浴室を在来工法に決める前に確認しておきましょう。

ショールームで実物を見られない

ユニットバスはショールームで実物を確認できるので、仕上がりのイメージと実物はほとんど同一です。高さや広さの空間は全く同じように再現されるので、違和感も少ないでしょう。

一方、在来工法の浴室は、カタログや写真で素材をひとつひとつ選び、高さや広さは設計図の数字が頼りです。特に広さに関しては、「思ったより狭かった」と感じてしまうケースも。図面から実際の広さを想像するのはとても難しいことです。

防水処理が重要に

ユニットバスと比べて、在来工法の浴室は防水性に劣ります。在来工法の浴室は、リフォーム時に壊してみると、木下地が腐っていたり、防水層が剥がれていたり、下地から作り直すケースも少なくありません。

防水工事に問題があると、2階や3階にある浴室は、階下への漏水を引き起こしますし、1階であれば、柱や根太などの構造に影響を与えてしまいます。在来工法の浴室の防水処理は念入りに行うことが大切です。

費用がかかる

ユニットバスは、ユニットを設置して、配管をつなぎ電気工事をすれば設置が完了します。工程も3日前後であることが多いので、その分費用を抑えることができるでしょう。

在来工法の浴室は、様々な職人の技術が必要になります。取り入れる素材(木材、タイル、大理石など)によって、作業工程や作業人数も変わってきます。職人の人数も増えるので、費用がかかる傾向にあるでしょう。

冬は寒いことも

在来工法の浴室でも、断熱材をしっかり施工すれば寒いことはありませんが、寒冷地にお住まいで、気密性・断熱性を重視するのなら、ユニットバスの方が適しています。

また、タイルや大理石の床は、夏はひんやりして気持ち良いですが、冬は凍ってしまいそうな冷たさです。床暖房を導入することも可能なので、床を石張りにする場合は検討すると良いでしょう。

まとめ

デメリットはあるものの、自由度の高さが魅力の在来工法の浴室。床暖房を入れたり、防水工事を念入りにしたりすれば回避できることなので、浴室のデザインにこだわりたい方は検討してみてはいかがでしょうか。


関連する質問


オススメの記事

2019年02月21日

キッチンカウンターにはどんな種類があるの? キッチンのワークトップに求められる機能と材質の特徴

システムキッチンを構成する要素のひとつに「ワークトップ」があります。ワークトップとは、キッチンキャビネットの上で調理作業するための天板のこと。一般的にはキッチンカウンターと呼ばれることが多いでしょ...

2019年02月13日

サンルームで家時間を楽しもう! サンルームがある家のメリットとデメリット

外に出なくても、ぽかぽかと日向ぼっこができるサンルームのある暮らし。サンルームがあるだけで、生活がワンランクグレードアップするような気がします。 サンルームは、ガーデニングや庭いじりが好きな人にと...

2019年02月03日

変形地は土地の価格が安い!〜変形地とは?〜

「オンリーワンの個性的な家を建ててみたい!」という願いは、規格通りに建てられるメーカーでは対応が難しいものです。注文住宅なら自由度は高くなりますが、コストも高くなる傾向に。そこで検討してみたいのが...

2019年01月25日

天窓のメリット、デメリットとは? 得られる効果と知っておきたい注意点

天窓のある住宅は、明るく開放的な印象を与えます。額縁のように切り取られた青空と雲は、変化していく絵画のよう。自然と一体感のある住宅を目指す方は、ぜひ検討したいアイテムです。

2019年01月14日

玄関の床材にはどんな種類がある? 玄関床の選び方とアイディア

玄関の床は汚れた靴で歩き回ったり、ベビーカーや子供の遊具を置いたりと、何かと酷使される場所です。それと同時にお客様や宅配業者など、多くの人の目に触れる場所でもあります。耐久性とデザイン性が求められ...
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加