更新日:2018/12/07

憧れのコートハウス! 中庭のある家のメリットやデメリットとは?

住宅雑誌で見かけるおしゃれな中庭のある家。憧れる方も多いのではないでしょうか。自然光が降り注ぐ中庭のウッドデッキは、子供やペットの遊び場としても最適です。魅力たっぷりのコートハウスの知っておきたい基礎知識をご紹介します。

コートハウスとは?

コートハウスとは、中庭を取り囲んで建てられた住居のことです。外側の開口部が少なく閉じた印象を受けますが、中庭に面した内側は窓が大きく取られ、オープンで明るい空間に。外観からは想像もつかない開放感があるのが特徴です。

コートハウスは上から見ると、コの字型、ロの字型、L字型のような形をしており、中庭を中心に回遊できるような間取りになっています。

村田淳建築研究室 中海岸のコートハウス

参照:村田淳建築研究室 中海岸のコートハウス

江木のコートハウス - 株式会社下田設計設計

参照:江木のコートハウス - 株式会社下田設計設計

コートハウスのメリット

プライバシーやセキュリティを確保しやすい

外側に開口部の少ないコートハウスは、住宅密集地や交通量の激しい場所でもプライバシーを守ることができます。
通行が激しいと人の視線はどうしても気になるもの。閉ざされた外観が大きな目隠しとして役立ってくれます。不審者の侵入を防ぐなどセキュリティ面のメリットも得られるでしょう。

また、開口部が少ない箱型の家はおしゃれでモダンな印象を与えます。そんな外観も魅力のひとつです。

明るく開放感のある中庭

コートハウスの主役は何と言っても「中庭」です。中庭があることで家の中に自然光を届け、窓を開け放てば家中に気持ちの良い風が通り抜けていきます。
外に面していない中庭はプライベート感が強いので、様々な使い方ができるでしょう。

外部環境が変わっても影響を受けにくい

老朽化した建物が周囲にあると、将来建て替えなどで生活環境が変わってしまうかもしれない……という不安もありますよね。隣家が立て替えたら、日当たりが悪くなったといった話も珍しくはありません。
コートハウスのように中庭から採光する方法であれば、そういったケースもある程度は防ぐことができます。
また、外部に面した窓が少ないので、多少の騒音は防ぐことができるでしょう

コートハウスのデメリット

費用がかかる

コートハウスの一番の問題点は、建築するにもメンテナンスするにもコストがかかるということです。
家の外側だけでなく、家の内側にも柱や補強を多く必要とするので、どうしても多くの建築資材を使うことになります。

中庭には排水管が必要ですが、排水管のメンテナンスや、大きな窓の掃除を専門業者に依頼するケースも考えられるでしょう。

中庭に植栽する場合は、樹木のメンテナンスも必要に。また、余計なコストを省くためには、コートハウス建設中に植栽を完成させることが大切です。
竣工後に植栽する場合は、クレーンで吊って搬入するなど工事が大掛かりになってしまいます。

居住スペースが狭くなることも

コートハウスを建てるには、中庭の面積を十分に確保することが大切です。中庭の面積が十分でない場合、採光や通風のメリットが得られなくなってしまいます。

あるいは中庭を優先した結果、「居住スペースが思ったより狭い」という不満が出ることも。
そうならないためにも、敷地内にコートハウスを建てられるかシミュレーションを重ねることが大切です。

また、基本的には大きな間取り変更ができないので、生活動線やライフスタイルの変化を予測しておく必要もあるでしょう。

断熱や強度への配慮が必要

コートハウスは家の内側に窓の面積を大きく取ります。それにより、断熱性と住宅の強度の確保が難しくなるというデメリットが出てきてしまいます。

また、中庭の排水経路の計画も重要です。ゲリラ豪雨や大雨の際にトラブルが起きないよう、水はけに配慮した設計が求められます。

いずれもコートハウス特有の問題なので、コートハウスの実績が多い建築士に設計を依頼すると良いでしょう。

コートハウスを生かすアイディア

コートハウスは中庭に面積を必要とするため、どうしても居住スペースが削られてしまいます。中庭を植栽で埋めるのも素敵ですが、部屋のように使えるプランがおすすめです。

中庭をウッドデッキにし、リビングの床とフラットにすれば、たちまち広いアウトドアリビングに。リビングに思うような広さが確保できない場合は、中庭の空間とつなげることで大きなリビングを実現できるでしょう。

まとめ

コートハウスはアイディア次第で楽しい暮らし方ができる家です。アイディアを家族で出し合って、実現できるかを専門家に相談しながら進めていくと失敗が少ないでしょう。


関連する質問


オススメの記事

2019年02月21日

キッチンカウンターにはどんな種類があるの? キッチンのワークトップに求められる機能と材質の特徴

システムキッチンを構成する要素のひとつに「ワークトップ」があります。ワークトップとは、キッチンキャビネットの上で調理作業するための天板のこと。一般的にはキッチンカウンターと呼ばれることが多いでしょ...

2019年02月13日

サンルームで家時間を楽しもう! サンルームがある家のメリットとデメリット

外に出なくても、ぽかぽかと日向ぼっこができるサンルームのある暮らし。サンルームがあるだけで、生活がワンランクグレードアップするような気がします。 サンルームは、ガーデニングや庭いじりが好きな人にと...

2019年02月03日

変形地は土地の価格が安い!〜変形地とは?〜

「オンリーワンの個性的な家を建ててみたい!」という願いは、規格通りに建てられるメーカーでは対応が難しいものです。注文住宅なら自由度は高くなりますが、コストも高くなる傾向に。そこで検討してみたいのが...

2019年01月25日

天窓のメリット、デメリットとは? 得られる効果と知っておきたい注意点

天窓のある住宅は、明るく開放的な印象を与えます。額縁のように切り取られた青空と雲は、変化していく絵画のよう。自然と一体感のある住宅を目指す方は、ぜひ検討したいアイテムです。

2019年01月14日

玄関の床材にはどんな種類がある? 玄関床の選び方とアイディア

玄関の床は汚れた靴で歩き回ったり、ベビーカーや子供の遊具を置いたりと、何かと酷使される場所です。それと同時にお客様や宅配業者など、多くの人の目に触れる場所でもあります。耐久性とデザイン性が求められ...
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加