階段について質問です。リビング階段にしたいと考えています。透け感を出したいのでステップ階段にしようと思うのですが、階段板を天然木にすると強度はやはり弱いですか?天然木は乾燥して割れやすいと聞きますが?

ステップ階段とおっしゃっているのは、「スケルトン階段」、あるいは「ストリップ階段」と呼ばれる段板(ステップ)とササラ桁(フレーム)でできている階段の事のようですね。

床を杉の無垢フローリングで張った注文住宅で、デザイン的に合わせるために、スケルトン階段のステップを細い無垢材を張り合わせて強度を増した、「杉の無垢集成材」で構成した施工例の写真をアップします。

無垢材はやはり階段のステップには、曲がりや反り、割れの危険性がありますので、ステップを集成材メーカーに注文して作らせました。フレームは稲妻形状のスチールの板に粉体塗装をしたものです。
これは「カツデン・アーキテック」製の階段の段板を既製品の「ゴム集成材」ステップを使わずに新潟の集成材メーカーに図面を送り特注しました。

通常、既製品のスケルトン階段の木製ステップは、「ゴム集成材」がほとんどだと思います。

この施工例は、TH大賞 エコロジー賞受賞の住宅で、Youtubeにもアップしていますので、ご覧ください。

https://youtu.be/B5BbvfVC4p0
2018/02/19 00:08:00

古い家に耐震工事を施すことは可能でしょうか?

こーすけ様、株式会社メディックの長谷山です。

古い家でも耐震補強工事は可能です。補強はまず耐震診断をして現状の耐震構造の程度を確認し、次に耐震補強個所を計算して行きます。当社では「ホームズ君 耐震診断Pro 」と言う、「耐震診断」と「耐震補強設計」をしています。

この場合、主として建物内部からの補強をする場合と建物外部から補強する場合、両方の補強をする場合など、ケースバイケースで補強計画をします。

在来工法の木造住宅でしたら、間取りの変更などもほぼ可能です。筋交い補強だけでなく面材補強も組み合わせてバランス良く設計します。

昭和56年5月31日までの確認申請の木造住宅でしたら、行政からの無料耐震診断と助成金が出る場合もありますので、地域の建築指導課などの窓口に問い合わせてみてください。

参考に耐震補強によってガラッと変わった施工例をYoutubeにアップしていますので覧ください。

また、私のブログで耐震や制震のことも書いていますので、ホームページからのリンクボタンでご覧いただければ幸いです。

ご不明な点はいつでもご相談ください。


当社ホームページ
http://www.e-medic.jp

まるで新築 A様邸
https://youtu.be/YV3Ryhkv6EQ

耐震診断から耐震補強設計のシミュレーション
https://youtu.be/PCYlL5MwFNs
2018/02/10 23:48:17

リフォーム費用について?

思いっきり概算ですが、下記の計算式に当てはめてください。消臭機能付きの中高級クロスの張替え(剥がし、処分、新規貼り)の概算予算が出ます。
但し、業者によっても違うので、参考程度にしてくださいね。

畳数x1.5x3x2,000=概算の税込み価格

11.5x1.5x3x2,000=103,500 位ですかね。
2018/02/05 10:52:09

住宅建築の際、しっかり建築中に現地に足を運んだ方がよいでしょうか。

東京ガール様、ご友人にそんなことを言われると不安になりますよね。
ご友人はよほどはずれの業者に当たったという事かも知れません。

まあ、基本的にはよほど悪徳業者か元請けと下請けの関係が悪いか、と言った以外はそんな事はあまり無いと思います。

現場に行かれて見学されるのはもちろん問題ありませんが、工程に依っては現場周囲に立ち入るのが危険だったり、現場の工程に影響することもありますので、工務店、建設会社、設計者と事前に打ち合わせて、進捗状況を「記念にSNSにアップしたいので、見に行きたい。」と相談したらいかがですか?そうすればある程度の工程ごとに現場に顔を出せますしね。

また、設計者が入っていれば工事の監理もお願いできるので安心です。そこが設計事務所に設計及び監理を依頼するメリットでもあります。
あと建設会社に、最後に工程ごとの記録写真をアルバム(DVDなどのデータ)にしてもらうというのも手ですね。

現場に行かれるときには、10時前か3時前の休憩時間に合わせて、飲み物でも多めに持って行くと喜ばれます。作業をしていない時の方が現場でも見学し易いと思います。

現場作業の者とのコミュニケーションも、現場がスムースに進む潤滑剤だと思います。
ジロジロと見て、「粗(あら)捜し」をするような現場見学は、かえって良い建物創りの妨げになるのではないでしょうか?

大昔は、10時と3時にお茶とお菓子を必ず出すのが習慣だったので、昔のお施主様は大変でした。
旧家の工事の時には、昼は味噌汁や新香、5時になるとうどんやそばの出前を取ってくれたのには、ちょっと驚きでした。

それは特例として、近年は「現場のお茶出しは結構です。」とお施主様には伝えるのが普通になっています。
お茶を出さないからと言って手抜き工事をするなんて言うのは、大昔の冗談話ですね。

住み易く、使い易く、快適な住空間」ができると良いですね。
2018/02/05 10:36:50

介護用にトイレをリフォームしたいがどうしたらいいですか?

介護する側も介護される側も無理なく安心して使用できるトイレの実例(戸建て住宅)を添付します。

車いすで使用できる洗面台、汚物に汚れた下着を下洗いできる汚物流し、跳ね上げ式の手すりとつかまらせて下着を脱がすための手すりなどを配置しています。
床は車椅子の走行と掃除し易さを兼ねた丈夫な樹脂製床材です。
2018/01/28 00:32:30

床暖付きのフローリングから畳にリフォームできますか?

メディックの長谷山です。

4畳ほどでしたら置き畳はいかがですか?薄い畳ですので、違和感はないかと思います。

セキスイにフローリングの上に置く「置畳 小春」のシリーズに縁なし畳の床暖房対応のものがあります。
床暖房用「小春」で検索するとご覧になれますが、一応リンクも下記に貼っておきますので、参考になさってください。

床暖房のフローリングの上に直に敷きますので、小春シリーズでも、通常の物ではなく、床暖房対応の耐熱の物が良いかとは思います。

http://sekisuimigusa.jp/koharu-system.html
2018/01/28 00:23:56

外壁について

構造は木造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)のうち、何をお考えですか?

木造としてお答えしておきます。コストパフォーマンスは計算してみないと何ともお答えのしようがありませんが、構造等が50年耐久として、イニシャルコストとランニングコスト(メンテナンス費用)の比較をしておきますね。

サイディング:イニシャルコスト⇒低、ランニングコスト⇒高(15年目、25年目、35年目、45年目の4回塗装)
窯業系乾式タイル:イニシャルコスト⇒高、ランニングコスト⇒低(一応メンテナンスフリー)
ALC:イニシャルコスト⇒中、ランニングコスト⇒高(新築時、10年目、20年目、30年目、40年目の5回塗装)

選択するなら、コストというより好みの問題のような気がします。
2018/01/14 17:54:51

階段の位置についての質問です。リビング階段にすると、二階からの冷気が下の階に流れ込んで、リビングが寒くなると聞きますが、リビング階段にしつつも、冷気を避ける方法はありますか?

高気密・高断熱・24時間換気設備(熱交換換気)の設計をし、建築すれば、家の内部全体が階段も廊下もリビングも居室などのすべての空間が、ほぼ同じ温度(1年中23℃なら23℃)に保たれるので、寒かったり逆に暑かったりもしません。

個別のエアコンで全室空調のような役目を充分果たし、一度温度が定まってしまえば、電気代などのランニングコストも低く抑えることも可能です。

熱交換換気設備は高機能のフィルターを備えているので、室内の細かいほこりを吸着してくれ、外部からはほこりや花粉などの侵入を防ぐので、室内の空気の環境は良好に保たれ、アレルギー疾患のあるお子さんなどにも安心です。

写真は横浜市栄区の高気密・高断熱・高耐震のリビング階段のS様邸です。
2018/01/14 01:42:34

細街路整備事業道路に面した家の建て替えは土地が削られる?

街路整備事業と言うのは、主に建築基準法に基づき、建物(塀などを含む)の建築時に道路の中心から2m後退し、最低4m幅の道路を確保するためのものです。

なぜ狭い道路を広げて最低4m幅を確保するかと言うと、地震や火災などの災害時には、避難経路や緊急車両の進入路、消防活動の場となる道路空間が重要だからです。

確かに、おっしゃる通り、1.1mx土地の幅分(幅10mとすると、11㎡≒3.5坪)自分の土地が削られたと思いがちですね。

また、確認申請を基準通り出して、建物の建築後、ほとぼりが冷めてから元の位置に塀を造る家がままありますが、1軒のわがままで、避難や緊急車両の妨げになり、災害を拡大することになるのはいかがなものでしょう?
2018/01/14 01:28:57

建築家に注文住宅を依頼した場合の費用とスケジュール感は?

まず予算建てして、土地取得に係る費用を引くと外構等の付帯する費用を含めた、新築の建物にかかる費用が出てきますよね。
予算1億円として、土地が6,000万なら残り4,000万。設計手数料が300万から500万、外構工事に200万、その他諸経費を確保すると3,000万(税込み)ほどの建築費用が残ります。40坪で、坪あたり65~70万の家は建つ計算ですね。どうにか設計者やデザイナーによる注文住宅ができるのではないでしょうか?

設計、監理費用と合わせて予算3,500万で建築できるかを、気にいった設計事務所に相談を持ち込むのが早いですね。設計確認申請に6か月程度、建築に3か月、タイムラグを入れて、土地取得後から、少なくとも完成引き渡しまでに最低で10か月程度以上を見ておかないといけませんね。

但し、ご忠告しますが、心地よく住める空間をご希望なら、設計者との打ち合わせを密にし、納得いくまで詰めないと失敗します。
2018/01/14 00:58:17

リフォームと建て替え、どちらが安いですか?

離れが分離されているのであれば、建て替えリフォームどちらも可能ですが、建て替えの場合の費用は、解体費+設計料・確認申請手数料+建築費となりますね。リフォームの場合は、リフォーム費用と場合によっては設計料がプラスされます。
費用の差は、建て替えに要する費用に対し、大雑把に言って、リフォームは60パーセントから70パーセントくらいでしょうか?
50年近く経っていると基礎補強も恐らく必要ですので、見てみないと何とも言えませんが、75パーセントほどの費用になるかもしれません。
その築年数ですと旧耐震基準の建物でしょうから、耐震診断による耐震設計も必要ですね。
2018/01/14 00:24:47

注文住宅の耐震性能について

(株)メディックの長谷山です。
耐震等級について簡単にお答えすると下記のようになります。

住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号。の基準として耐震等級というものがあります。

○耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物
○耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
○耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

通常は建築基準法をクリアするだけの耐震等級1(震度6強の地震に遭遇した時に一応倒壊しないの評点1.0)であることが経済設計の点からも多いようです。

許容応力度構造計算で構造設計されている最高ランクの耐震等級3は、耐震等級1が耐えられる地震力の1.5倍の地震力に対抗出来ることになっています。

「耐震等級3」の場合は、建築基準法上の計算で、震度6強の地震に遭遇しても「倒壊しない」構造基準です。

しかし、それ以外に1階と2階のレイアウト上、壁や柱がどのくらい同一個所の上下にあるかと言う「直下率」も耐震強度に影響しますので、「耐震等級3」と言えども震度6強で「倒壊しない」とは必ずしも言えません。

詳しくは昨年の7月に書いた私のブログをお読みいただければ幸いです。
http://www.e-medic.jp/2017/07/22/1487/
2018/01/08 23:56:56

家を耐震補強するにはまず、家のどのような箇所から頼めばいいのですか?

りぐみ様、まず昭和56年(1981年)以前の建物は旧耐震の建築基準法で建設されていますので、お住いの地域によっては行政の無料の耐震診断が受けられる場合があります。
行政による耐震診断の結果が基準値以下(上部構造評点1.0以下)ですと、助成金を受けられる場合がありますので、お住いの市等の建築課や都市計画課などにお問い合わせいただくのも良いかと思います。

但し、行政の診断や助成金の申請に時間がかかる場合もありますし、メリットがあまりない場合もありますので、通常の設計事務所に依頼し耐震診断を受け、耐震設計をすることも考えられます。

さて、次に耐震補強工事についてお話しますが、耐震診断をし、その結果を踏まえ耐震設計をして耐震補強工事を計画します。その場合に留意しなければいけないのは、建物全体の補強バランスをとることが大切です。
一部分のみの補強はかえって建物の強度のバランスを著しく崩しますので、逆に建物の倒壊を促すことになります。そこのところを理解している設計者に耐震診断、耐震設計を依頼(有料です)し、それに基づく施工をするようにしてください。

Youtubeに耐震診断から耐震設計、バランスを崩した耐震設計のシミュレーションをアップしておりますので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PCYlL5MwFNs
2018/01/08 23:17:45
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加