古民家のデメリットが知りたい

早々とご返事下さり、ありがとうございます。
地域によって、古民家の形も違っていますので、そこら辺も調べたりすると面白いかもしれませんね。
また、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
素敵な古民家生活が始まるよう、願っております。

2018/11/24 17:47:05

古民家のデメリットが知りたい

私は、古民家再生事業にも携わっていますので、古民家には住んでいませんが、少しお話をさせてください。
建物に関しては、古民家は元来、夏の暑さを凌げるように(冬は火を燃やして暖をとれば何とかなる)という考えの元に建てられています。茅葺き屋根、土壁、大きな庇など、それらに断熱、調湿作用があります(冬は囲炉裏などで暖を取る)。現在お住いの環境は解りませんが、もちろん古民家はサッシは有りませんから、改修工事をしなければ、断熱効果は低いでしょう。耐震性に関しては、その建物が伝統工法で建てられた物であれば、免震(制震)構造であり(高層ビルのように大きく揺れるが、倒壊しない)、現在の基準法の耐震基準とは考え方が異なります。私の所属してます、全国古民家再生協会という協会がありますので、そこできちんとインスペクション(古民家専門の鑑定・診断)を受けることをお勧めします。
*東京支部は青山にあります。
生活においてのメリット、デメリットですが都会の便利さから離れるわけですから、スーパーやコンビニが無いなど、便利さのデメリットは数知れずです。古民家生活はそんなデメリットをデメリットと思わないような生活だと思いますので、自給自足まで考えているのか、街中の古民家にお住まいになるのか、建物同様きちんと事前にプランニングすることをお勧めします。
2018/11/24 09:17:57

階段について質問です。リビング階段にしたいと考えています。透け感を出したいのでステップ階段にしようと思うのですが、階段板を天然木にすると強度はやはり弱いですか?天然木は乾燥して割れやすいと聞きますが?

天然木の場合、強度より問題は反り、歪みでしょう。
当社は、集成材や合板は使用しないので、階段の踏み板は、タモや栗(いずれも35~40mm厚)を使用しています。集成材に比べ多少は高価になりますが、さすがに割れはありませんよ。
欅など今ではあまり使われなくなりましたが、色々と木の種類を調べてみてもいいかもしれません。
2018/11/18 17:59:22

外壁の塗り直しを先延ばししても問題ないですか?

土台部分にひび割れがあるということは、基礎にひびが入っているということでしょうか?
外壁の塗り直しだけで済む問題ではない可能性もあります。
地盤、基礎を一度調べてもらった方がいいと思います。また築年数と出来れば家の構造も再確認したいですね。
地震の影響というのも原因をはっきりさせた方がいいと思います。
おそらく今のまま補修しても、また数年後ひび割れが生じ、また塗り直しなんてことになりかねません。ひびわれの原因をはっきりさせてください。
検査だけなら、それほど費用は掛からないと思いますので、数年後また多額の補修費用がかからないように、気が付いたときに、まず原因を調べ(検診)、それに伴った補修をお勧めします。

2018/01/20 11:28:02

古い家に住み続けるためには、どのようなリフォーム・メンテナンスが必要ですか?

築150年の母屋と昭和57年建築の離れは、別々に考えた方がいいですね。
昭和57年築の家が隙間風など老朽化していたら、それはそれでまた違った問題がでてきそうですが。
築150年の母屋は、おそらく伝統工法の古民家だと思われます。私は一般社団法人全国古民家再生協会の群馬支部長をやっており(各都道府県に各支部があります)当協会の古民家鑑定をお勧めします。
費用はかかりますが、しっかり鑑定をしてもらい、現在の家の状況をしっかり把握したうえで、その後の進め方を考えたらいかがでしょうか。
昭和57年築の家も既存住宅状況調査(第三者が好ましいです)や別の機関でも、まずはその家の状態を
しっかり調べてから、どんなリフォームやメンテナンスが必要なのかを考えるべきだと思います。
検査や鑑定にお金をかけるのは?という人もいらっしゃいますが、人間の病気でも問診、検診してから治療に当たりますよね、また、建築にかかる予算は最初に正直に言った方がいいですね。
2018/01/14 00:20:01

高齢の祖父母宅改築について

二階建て⇒平屋  地盤が悪い   
でしたら建て替えの方がいいかもしれません。一度更地にして第三者機関に地盤調査を依頼し、キチンと土地の状況を把握したうえで、地盤改良が必要であれば改良工事を行うべきです。(費用は改良の度合いで異なります)
建物も2階建てから平屋にリフォームだと、無理が生じるのではないでしょうか。(一般のリフォーム業者では無理かも)
費用はもちろん建て替えの方がかかりますが、そのままリフォームした場合、土地に不安を抱えたまま住むこととなります。また数年後、30年以上経過している箇所の劣化により新たなリフォーム工事が発生する可能性があり、またリフォーム費用も発生します。ご予算が取れるのなら上記のように土地⇒基礎からやり直し、建て替えをお勧めします。
*ただ、耐震補強はどは行政から補助金が出るケースもありますので、問い合わせてもいいかもしれません。
2018/01/09 19:37:04

収納スペース

「注文」住宅ですから、ご自分のご希望の収納スペースを設計士にプランニングしてもらえばいいですよ。

2018/01/09 19:08:32
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加