畑あとの土地利用

ご回答ありがとうございました!
今の技術、制度では気にしなくてもいいのですね!安心しました。
家を建てようと思っているのでまた是非相談させてくださいませ。
2018/01/12 12:58:55

高齢の祖父母宅改築について

二階建て⇒平屋  地盤が悪い   
でしたら建て替えの方がいいかもしれません。一度更地にして第三者機関に地盤調査を依頼し、キチンと土地の状況を把握したうえで、地盤改良が必要であれば改良工事を行うべきです。(費用は改良の度合いで異なります)
建物も2階建てから平屋にリフォームだと、無理が生じるのではないでしょうか。(一般のリフォーム業者では無理かも)
費用はもちろん建て替えの方がかかりますが、そのままリフォームした場合、土地に不安を抱えたまま住むこととなります。また数年後、30年以上経過している箇所の劣化により新たなリフォーム工事が発生する可能性があり、またリフォーム費用も発生します。ご予算が取れるのなら上記のように土地⇒基礎からやり直し、建て替えをお勧めします。
*ただ、耐震補強はどは行政から補助金が出るケースもありますので、問い合わせてもいいかもしれません。
2018/01/09 19:37:04

高齢の祖父母宅改築について

 程度が分かりません 地元の信頼できる業者に見てもらいましょう。
知り合いがいなければ、地元の行政(役所の建築課)に相談して、業者を探している旨をお話しして、地元の業者の団体を紹介してもらって、その団体を通じて業者を選定してみてください。 役所からの照会なので、地元業者も、いい加減なことはできませんし、しません。 たぶん、高いとも思いませんが、高いと思ったら、役所にもう一度相談してください。建て替えは設計が入りますので、設計事務所+工務店なので第三者の目が入りますので、その分の費用は発生します。 
2018/01/08 22:18:36

注文住宅の耐震性能について

(株)メディックの長谷山です。
耐震等級について簡単にお答えすると下記のようになります。

住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づく評価方法基準(平成13年国土交通省告示第1347号。の基準として耐震等級というものがあります。

○耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物
○耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
○耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

通常は建築基準法をクリアするだけの耐震等級1(震度6強の地震に遭遇した時に一応倒壊しないの評点1.0)であることが経済設計の点からも多いようです。

許容応力度構造計算で構造設計されている最高ランクの耐震等級3は、耐震等級1が耐えられる地震力の1.5倍の地震力に対抗出来ることになっています。

「耐震等級3」の場合は、建築基準法上の計算で、震度6強の地震に遭遇しても「倒壊しない」構造基準です。

しかし、それ以外に1階と2階のレイアウト上、壁や柱がどのくらい同一個所の上下にあるかと言う「直下率」も耐震強度に影響しますので、「耐震等級3」と言えども震度6強で「倒壊しない」とは必ずしも言えません。

詳しくは昨年の7月に書いた私のブログをお読みいただければ幸いです。
http://www.e-medic.jp/2017/07/22/1487/
2018/01/08 23:56:56

家を耐震補強するにはまず、家のどのような箇所から頼めばいいのですか?

りぐみ様、まず昭和56年(1981年)以前の建物は旧耐震の建築基準法で建設されていますので、お住いの地域によっては行政の無料の耐震診断が受けられる場合があります。
行政による耐震診断の結果が基準値以下(上部構造評点1.0以下)ですと、助成金を受けられる場合がありますので、お住いの市等の建築課や都市計画課などにお問い合わせいただくのも良いかと思います。

但し、行政の診断や助成金の申請に時間がかかる場合もありますし、メリットがあまりない場合もありますので、通常の設計事務所に依頼し耐震診断を受け、耐震設計をすることも考えられます。

さて、次に耐震補強工事についてお話しますが、耐震診断をし、その結果を踏まえ耐震設計をして耐震補強工事を計画します。その場合に留意しなければいけないのは、建物全体の補強バランスをとることが大切です。
一部分のみの補強はかえって建物の強度のバランスを著しく崩しますので、逆に建物の倒壊を促すことになります。そこのところを理解している設計者に耐震診断、耐震設計を依頼(有料です)し、それに基づく施工をするようにしてください。

Youtubeに耐震診断から耐震設計、バランスを崩した耐震設計のシミュレーションをアップしておりますので是非ご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PCYlL5MwFNs
2018/01/08 23:17:45
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加