注文住宅した場合、収納スペースをしっかり確保できますか?

リナモカ 様

けんデザインオフィスの中谷と申します。
収納スペースについてですが、「量」より「質」が大事かと思います。
建物のボリュームの関係性があると思いますが、ウォークインクローゼットは「人」の入るスペースは勿体ないかもしれませんので、なるべく壁面収納を取った方が良いと思います。(その場で着替えるなどの用途がある場合は良いのかもしれません。)
収納スペースはあればあっただけ不要な物を置くスペースとなりがちですので、何を収納するスペースか?を具体的にイメージしておいた方が良いと思います。
場合によっては、一部屋丸ごと収納部屋(納戸兼個室)としておくのも良いのかもしれませんね。
ご参考までに。
よろしくお願いいたします。
2018/01/11 00:50:14

優秀な建築士になりたいです

たく 様

素敵な目標ですね。
私からのアドバイスとしては、なるべく若いうちに世界を見て廻る事をお薦めします。
世界の歴史・生活などから建物についても学べますし、日本も見えてくると思います。また、発想も豊かになると思います。
この経験はその後に活かせると思います。
実務経験などは後からで十分間に合います。
楽しんでくださいね。
2018/01/11 00:16:31

建築家に注文住宅を依頼した場合の費用とスケジュール感は?

けんち 様

けんデザインオフィスの中谷と申します。
一般的に建築家に依頼した場合、1年程度かと思われます。
もちろん、こだわり具合や、相性などが関連するかと思いますので、一概には言えませんが。(私のこれまでの経験では10ヶ月~2年程度までありました。)
また、建築家に頼むと高いというイメージはいまだにあるのかもしれませんが、コスト管理しますので、普通に建てる注文住宅や、ハウスメーカーの家とトータルで見たら同程度と思っています。(ハウスメーカーは、基本プランで満足であれば安いですし、セミオーダー的になれば割高と思います。)
何かご不明点等ありましたらご相談にのります。
よろしくお願いいたします。
2018/01/11 00:07:38

畑あとの土地利用

奧 様

けんデザインオフィスの中谷と申します。

新築をご検討中とのこと色々と勉強中かと思います。
一般的に寝かしておかなければならない土地としては「田んぼ」の後地かと思います。
畑の後に新築した建物はこれまでにも経験ありますが、普通に建築しております。
(現在は地盤調査も義務化されておりますので、問題点は事前に分かると思います。)
ご参考までに。
どうぞよろしくお願いいたします。

2018/01/10 23:53:36

注文住宅を検討中なのですが、部屋のドアについての質問です。ドアを全て引き戸にしたいと考えています。また、引き戸のレールが床面に見えるのが嫌なので、釣り戸タイプにしようと思います。

kokona 様

けんデザインオフィスの中谷と申します。
全て引き戸とするのは合理的で良いと思います。
但し、防音性が必要な部分は、引戸より開き戸が勝っているかもしれませんのでご一考を。
(私の場合は、常に開放しておきたい部分は引戸という観点で検討しています。)

吊り戸の場合のメリットは、
・扉の開け閉めが軽い事。
・床にレールが出ない事。(床の木目方向をそのまま合わせられる)
・開け閉め時に床に音が伝わらない事。
・施工時が楽。(床レール埋込みは難しい場合が多いです。)
デメリットは
・商品コストは割高。(施工では基本的に金額差が出ないので結果的に割高かも。)
・上枠が大きくなること。(意匠上のデメリットになり易い)
・軽すぎる場合があるので、閉める際に軽く閉めた方が良い事?
以上の点程度と思います。
ご参考までに。
よろしくお願いいたします。

2018/01/10 23:46:36

注文住宅で複雑な形状を頼んだ場合の費用は?

けんデザインオフィスの中谷と申します。
フラーのジオデシックドームのような形状をご希望との事、楽しそうですね!
坪単価では表しにくい建物に思いますが、具体的には請け負う工務店さんの質にもよると思いますね。
定形であればメーカーもあると思いますが、ご自身の大きさや形状となると工務店等にお願いせざるを得ないかと思います。
その場合は通常の建物よりは高価になる可能性がありますね。
ただ、断熱性能を高めてドアを少なくしたり、工夫次第で変わるので何とも言い切れないですね。
ご参考までに。
よろしくお願いいたします。
けんデザインオフィス一級建築士事務所
中谷建宏
2018/01/10 16:10:47

土地選び

けんデザインオフィスのなかやと申します。
悩ましいご質問ですね。
土地の広さが分からないとなんとも言えませんが、個人的には住宅地にするかもしれません。
光の取り方は、設計の工夫次第で何とかなる事が多いと実感しているからです。
ご参考までに。
よろしくお願いいたします。
2018/01/10 16:00:37
質問する

LINEからも使えます!

「建築士に聞いてみよう」は、LINEからもご利用が可能です。質問の投稿や、回答の通知などを、全てLINE@経由で行うことが出来ます。 QRコードやボタンから是非LINE@アカウントの友達追加をお願いします!

友だち追加